四緑木星の性質は?長所と短所を分析

四緑木星、開運 開運

四緑木星の性質

 

四緑木星の性質は…

四緑木星の人は、強気にみえますが柔和で優しい心があり、親切で人の世話をしても苦にならない面を持っています。とても社交性に富み交際も巧み人の心を読み取るのが早い。

剋気を保有している場合、決断力がなく、迷いが多く、自信がなく、覇気や意欲が不足し、消極的で他人の言葉に迷わされ、人を信用し過ぎ、甘言に乗って失敗する面がある。

 

四緑木星の仕事面は…

職場では、話の分かる人として慕われたり、好かれたりして堅苦しさを感じさせない。言葉も態度も柔和で無茶な事を言ったり、押し付けたりせず、常に相手の立場を考慮した言動をとる。

上司の場合、部下の面倒見が良く絶えず部下の身になって考え細かいところまで気が行き届く。ただし、剋気を保有している上司は、優柔不断のことなかれ主義に流れ部下から舐められるところがあります。

部下の場合は、目上のいう事に忠実で、気立ての優しい素直な部下であるが、剋気を保有していると、表面的には一生懸命努力しているように装っているが、陰で要領よく、仕事がはかどらない。

 

四緑木星の恋愛傾向は…

この星の人は、年少の頃から異性に関心が強く、出来るだけ異性に接近しようと努力するところがある。温和で優しいので、相手から誘われる事も多い。嫌いな相手であっても、振り切る決断力が無いので、相手のペースに巻き込まれるところがある。

それとは逆に、好きな人がいても自分から積極的に行く勇気に欠け、相手が誘ってくれるのをいつまでも待つといった面もある。恋愛話が途中で頓挫した場合、それを諦めきれず晩婚になるケースもあります。

また、上司に可愛がられ、そのまま愛情関係になったり、玉の輿などもありそうです。

剋気を保有していると、利にさとく、金と色の両方を考えたり、女性の場合は、お金の為なら簡単に身も心も売るといった面があり、お金はいらないが、ちょっと気に入った相手なら、誰とでも身を任せたくなるといった移り気な面もある。

四緑木星の長所と短所

ここで四緑木星の長所と短所を見てみましょう。この星の人はこの性質があると断定するものではなく、このような傾向を持つ可能性があるといった参考です。

自分自身で気が付いていない場合もありますので、第三者に確認してみても良いでしょう。

 

四緑木星の長所は…

  • 柔和な性質で仁愛が厚い
  • 愛嬌があって、人と良く和合する
  • 人との連絡が良く、交際に富んでいる
  • 細心で入念で、最後まで成し遂げる心が強い
  • 信用を重んじ、人の面倒をよく見る
  • 人の出入りが盛んで、和気あいあいとしている
  • 家庭を大切にして、家の中に笑いが満ちている
  • 自分を忘れ人の為に尽くす
  • 人に信用され、大勢の人から信用を受ける
  • 細かいトコロまで気が付き、親切である
  • 心根が優しく、思いやりが深い
  • 親睦性が強く、人に取り入ることが上手
  • 人の心を読み取る事が早く、交際が巧みである
  • 用心深く、何回も確かめて確実性を期す所がある
  • 親切心も強いが、話術も上手、説得力もある
  • 外向性と内向性の巧みに使い分ける面がある
  • 技術性に富み、何でも器用にこなせる
  • 人との出会いを大切にし、人間関係を良くしようとする

 

四緑木星の短所も見てみましょう

  • 人との協調性がなく、自分勝手なところがある
  • 飽きやすく、中途挫折してしまう
  • 人の失敗した迷惑をこうむる
  • 迷いやすく飽きやすく、一つの事に専念できない
  • 母親と意見が対立しやすく、困らせるところがある
  • 得手勝手で要領がよく、ずるがしこい面がある
  • 利益にさとく、利の為に自分の考えを曲げる
  • 損得を考えすぎて迷う
  • 移り気でコロコロ変える
  • 気に入らない人を侮ったり、そしったりする
  • 感情の起伏が激しく、昨日と今日の考え方が違う
  • 物事の核心を隠して遠回しに言うので誤解されやすい
  • 人の話を軽々しく信用し失敗しやすい
  • 深く考えず、感情だけで軽率に行動するところがある
  • 利欲を出して、貯めた財をなくす
  • 気持ちにムラがある
  • 一度ヤル気を無くすと見向きもしなくなる

五行の相生について

五行説とは、木・火・土・金・水という5つのエネルギー(気)によって、この世の事象すべてを解釈し、説明しようとする思想のこと。

このエネルギーには、お互いを生かす関係と、剋する(打ち負かす)関係があります。

例えば、を燃やしてを生じ、火は燃やし尽くすと(灰)を生じます。そして土は(鉱物)を生じ、金を溶解すると(液体)が生じ、水は木を生じる。

逆に、を破って成長し、土はをせき止め、水はを消し、火はを溶かし、金は木を切る。このように相手を打ち負かす関係を相克という。

五行の相生・相克

つまり、簡単に言えば…

水は火を消すので、九紫火星の人は一白水星と相性が良くありません。相性が良くないと言えばマイナスな印象が強くなりますが、必ずしもそうとは限りません。

また、五行では木→火→土→金→水→木の順に上下関係が生じています。上が下を支配するという考えではなく、上が下をリードするイメージで、この両者は相性が良いです。

九星 良い 良くない
一白水星 三碧・四緑・六白・七赤 二黒・五黄・八白・九紫
二黒土星 五黄・六白・七赤・八白・九紫 一白・三碧・四緑
三碧木星 一白・四緑・九紫 二黒・五黄・六白・七赤・八白
四緑木星 一白・三碧・九紫 二黒・五黄・六白・七赤・八白
五黄土星 二黒・六白・七赤・八白・九紫 一白・三碧・四緑
六白金星 一白・二黒・五黄・七赤・八白 三碧・四緑・九紫
七赤金星 一白・二黒・五黄・六白・七赤・九紫 三碧・四緑・九紫
八白土星 二黒・五黄・六白・七赤・九紫 一白・三碧・四緑
九紫火星 二黒・三碧・四緑・五黄・八白 一白・六白・七赤

 

タイトルとURLをコピーしました